keicomix.com -- DIARY

境目がうまい。
困った時の食べ物ネタ頼み。

この前久しぶりにシューアイスを食べたんだけど
めちゃくちゃ旨いね。
パンケーキやドーナツが流行るんだったら
シューアイスが流行ってもおかしくないハズ。
というか、シューアイスこそ流行るべきだと思います。
頑張れ!ヒロタ!!



本日水曜日
『お買い物交換日記』の更新日です。

今回は私。

これ描いてるからって訳じゃないけど
最近「オシャレって何…」と思うことがよくある。

流行ってたアイテムほど
数年後にはダサさの極地になってたり…。
もう…みんな好きな格好すりゃいいんじゃないかな。
| グルメ・料理 | 15:46 | comments(0) | trackbacks(0)
ありかなしかで言ったら完全になし。
昨日ハッピーターンにわさびを挟んで食べると
辛さが消える話をしましたが

この実験をやるにあたりダンナに
『帰りにハッピーターンを買ってきて』とメールした。
そしたら昔ながらのオーソドックスなハッピーターンと一緒に
『ハッピーターン レアチーズケーキ味 爽やかレモン仕立て』を買ってきた。

実験はもちろん、普通のハッピーの方でやったんだけど
昨日子どもらにレアチーズケーキ味をお菓子に出したら
絶大な不評をいただいた。



私も試しに食べたんだけど
レアチーズ味の再現度はすばらしい!

すばらしいだけに、不味い!!!!

何が悲しくてレアチーズケーキ味のハッピーターンを
食べなければならないのか…。

開発者の汗と涙の結晶が
この不味いハッピーターンだと思うと切なくなる。



と、今亀田製菓のHP見たら商品ラインナップ
このレアチーズケーキ味が見当たらない。
亀田の黒歴史として早くも抹殺されてしまったのか、
ダンナが買ってきたのは幻だったのか…。


↑一応証拠(ゴミ箱から拾ってきた)。

冒険するのは赤城乳業だけでいいぞ!
 
| グルメ・料理 | 12:30 | comments(3) | trackbacks(0)
世紀の大発見かと思いきや。
この前『探偵ナイトスクープ』を見ていたら
「ハッピーターン」にわさびを挟んで食べたら
辛くないうえに、めちゃくちゃ美味しい!!というのをやっていた。

依頼者が友達同士の罰ゲームでこれを試したところ発見したという偶然の産物。
新しい味はこうして生まれるという歴史的瞬間を見た気分で興奮し
早速やってみた。



で、食べてみたところ、結構な量のわさびを塗ったのに本当に辛くない!!!!



美味しさはハッピーターンを単独で食べたそれと
さほど変わりはなかったので
化学反応的な味の期待は裏切られたが
辛さを打ち消すハッピーパウダー、すげええええ!!!!

もしかしたら今後いろんな料理の調味料に…
どころか、何かの化学兵器に使われるかもしれない!!!!
と、ハッピーパウダーのポテンシャルにガクブルしていた。





たまたまお菓子戸棚に「おにぎりせんべい 匠の塩味」があったので
ふと気になってこちらも試してみたら。





むしろせんべいの面積が広い分
わさびがはみ出ることもなく
より辛さも感じなかったという…。

「マスヤ」が世界の「MASUYA」に…(もうええ)。

結果的にはハッピーターンである必要全然なかった。


しかし何でなのかな。仕組みをしりたい。



気になる人はいろいろなせんべいで試してみてください。


あ、今日は『ごんたイズム』の更新日であります。
ようやく駒子が出られたよ。

そして水曜日なんで『お買い物交換日記』更新。
今週はゼリやんのだよ〜。かわいいぞ〜。
| グルメ・料理 | 14:23 | comments(0) | trackbacks(0)
憧れの『加賀屋』に行ってきた。
このネット記事(→)を読んでからずっと行きたかった新橋の『加賀屋』。
イラストレーターのタテノさんと
「いつか行こう!」と話していたのをこのたび実現しました。

貸し切りたいので定員の20人近くを集め(ほぼほぼ同業者)
土曜の18時半開始。

細かい話は先の記事を読めば全てなので割愛。

私は幹事だったので
最初にコースを注文する際、小芝居を要求される。
高い演技力が必須なようで何度もリテイクさせられました…。

パフォーマンスを披露する以外は
冷たいほど無表情なマスター。
一体どれが本当のマスターの姿なのかわからなかった。

ドリンクの「持ってき方」のうち
アメリカ、中国、イギリスを見てないのでまたチャレンジしたい。



ちなみに私が選んだ箸置きはアシュラマンでした。
なるほど、ここに挟むのね…。



そうそう、コメントに私のインスタが見つからないと書いてくださっていたので
こちらに貼っておきます〜。
インスタではほぼ落書きしかあげてません。
これであってるかな?→


 
| グルメ・料理 | 15:48 | comments(5) | trackbacks(0)
「焦げてる」くらいが好みです。
厳選しまくったうえで並んだ列は
スーパーのレジであろうが入国審査であろうが
必ず進みが遅くなる。

アトラクションに並べば
寸前で区切られ次回にまわされる。

定休日を調べて、大丈夫だと確認したうえで行った店は
「臨時休業」。

そんなマーフィーの法則(古い)をもつ私。

ここに本日、新たに追加されたのが

『私のところにくるカレーのナンの焼きが
必ずあまい!』というものです。



今日も打ち合わせ終わりで編集さんと
神保町の『マンダラ』というカレー屋さんに入ったのだが
ここでもやはり私に出てきたのは
焼きのあまいナンでありました…。



カレーがめちゃくちゃ美味しかっただけに
パリパリのナンにつけて食べたかった…。無念!

息子がカレー屋好きでちょくちょく行くのだが
そこでもいつも焼きのあまいナンばかりが私の前に置かれる。
(息子はよく焼けている)

ナンも『王将』の餃子みたく「よく焼きで」って言えば
パリパリにしてもらえるのかな〜。

もうフニャフニャのナンは食べとうないんや〜!!!
| グルメ・料理 | 15:53 | comments(0) | trackbacks(0)
珍しくグルメレポートだお♡
☆今回描きたいことが多すぎてちょっと長めになります!

弟が仕事で横浜に来ているので
ご飯でも食べようということになり
弟の仕事終わりに新宿で待ち合わせをした。

長期出張中の弟はロクなものを食べていないようだったので
ここはひとつ姉貴が美味いものでもごちそうしてやろうと思った訳です。

子連れなので
「新宿駅徒歩3分以内」「子連れ歓迎(乳児OK)」
「離乳食の持ち込みOK」「完全個室」の条件でお店を探す。
いくつか候補はあったが鮮魚の写真に惹かれてとある店を予約。

予約時間に先に私が到着したのだがのっけから嫌な予感。
まず店の雰囲気が暗く、清潔感も無い。
入り口からドヤ顔で水槽が置かれているのだが…

「鮮魚が売りならいいんじゃない?」と思ったアナタ!!

「いけす」ならわかるが、中で泳いでるのが熱帯魚ですよ熱帯魚!!!
鮮魚推しの店で熱帯魚の水槽ってどんなセンスよ。
むしろ水槽なんかない方がよいでしょ!

風俗…よくてもバーを居抜きで入ったような雰囲気、
「こんな店に子連れで入りたくない…」と思ったが
予約もしたしダンナと弟もまだ来てなかったので
とりあえず入店。

その後も嫌な予感は次々と的中していくわけです。



一瞬沈黙の後
「何名様ですか?」と聞かれ「6人」と答えると
あきらかに人数だけで判断した席に通される。

予約の際にうち3人子どもで乳児がいることも伝えている。
皿(プラスチック)が6枚置かれている時点で
予約用に準備したものでないのがわかる。
つうか、席、せま!!!!



しかも「完全個室」だったはずが
透けたカーテンで隔たれているだけという…。

入った瞬間、となりのサラリーマングループが
ギョッとしていた。
そらするわ、こんな夜の雰囲気の店に
赤ちゃん連れで来てるんだもの。
さぞやイタい母親と思われていることだろう…。
いたたまれない…。

しかもこの日は雨だったのに
傘を預かってくれるでもなく
傘袋を渡してくれるでもなく

狭い席の背もたれ部分や足下に
びちょびちょのままで横倒しに置きました(現時点で3本)。

少ししてダンナが到着。
荷物を置くのも苦労しながら座り
ドリンクを頼んだところへ弟も到着。

まずファーストドリンクがバラバラにくる。

フードメニューもいくつか頼んだんだけど
オーダーすらロクにとれない。



気を取り直して乾杯するも…



心の底から「皆、ごめん」と謝りました。
もう店を替えたい気持ちでいっぱい。


弟もダンナも『なんじゃいこの店…』と顔に書いてあるが
とにかくグッとこらえる。

しかし最初の食べ物が出てきた時点で崩壊!!!
もう、逆にスゴすぎて笑いが出たくらい。

見て!!!コレ!!!!!




これポテトサラダでっせ!!!?
こんなポテトサラダ見たことあります?

マッシュポテト(無味)とマヨネーズ、
水菜(極少)とコーンが添えられた一品…。

これでなんと580円ですぜ!

弟は果敢にも芋を口に入れたと同時に
「まずっっ!!!!!」と吐き捨てたよね。

この衝撃のポテトサラダを皮切りに
イヤ、ホント冗談かな?
客、怒らせたいんかな??
というような食べ物が次々運ばれてきました、ドン!!


トルティーヤチップス
油まわりきってるし!(笑)
ってディップがアボカドとかじゃなくケチャプ(笑)


次はこちら!
季節の漬物盛り合せ(笑)


うっす!うっっっすっ!透けてる!!!(笑)
たくあん黄色っっ!!(笑)
ギリギリで生ゴミ!!(笑)
今日びコンビニの漬物でももっと豪華やで(笑)。


しかもどのメニューも
『産直野菜のシーザーサラダ〜チーズが香る贅沢サラダ〜』とか
『卵黄入り海鮮ユッケ〜旨味たっぷりのタレをご賞味ください〜』とか
『赤海老と季節野菜の天ぷら盛り〜旬素材を料理長の技で仕上げます〜』とか

せんでもいーのに、あえてこちらの期待値を上げてくる。
先の玉子焼きも『〜こだわりの焼き加減〜』とか(笑)。マジか(笑)。
サブコメントを「〜〜」で挟んでくるのも腹立つわ〜(笑)。

何もかもが冷凍だし、「料理長」どころか「調理場」すらあるか怪しい。
バナメイエビが可愛く思える偽装っぷりが
もう、なんつーか、清々しくもある!!!

とにかく何もかもが
「全力で最悪なサービスに努めました!!!!」と
オーナー&スタッフ全員、鼻息荒く宣言しているような状態。

ポテトサラダが運ばれてきた時点で
「うん、出よう!!」
ということになり
入店わずか30分足らずでお会計。


最後までクソな店でした…。

ふと気づくと
私たちより少し先に入った雰囲気の
隣の席のサラリーマングループの姿がない。

紙おしぼりだけが残った席には
飲み物すら頼んだ形跡もない。
彼らはどの時点でこの店を見限ったのかしらん。
(もしかしたら子連れ席の横が嫌で
他の席に移ったのかもしれないけど)

あ〜、あとからクソっぷりがじわじわ来て
他の料理も見てみたい気持ちがわいてきた…。
(とくに「鮮魚」系)
しかしもう一度来店する勇気はない…。

この店オープン間もないらしいけど
興味のある人は早めに行かないと
なくなっちゃうかもだぞ♡
(行きたい人は上記キーワードから店を検索してみてね♡)



気を取り直して入った店で
新婚の弟の話を差し置いて、さっきの店の話をネタに盛り上がる。
いったいどこが『子連れ歓迎』の店だったのだろう…。
あ!!皿がプラスチックってとこか!!

あまりのクソレベルに
「我々はトワイライトゾーンに入っていたのではないか」という結論に。

その店はどれも美味しくて、ようやく姉のメンツも保てました…。

料理はこうでなくっちゃね。



 
| グルメ・料理 | 10:38 | comments(10) | trackbacks(0)
ギャル曽根フレンチ。
 以前からMOREなどのお仕事でお世話になっており
最近ではSTORYの新聞広告を担当していただいている
ライターのN木さん。
「一度ご飯でも…」がようやく叶い
N木さんの事務所のデザイナーK崎さんと3人で
火曜日に行ってきました。

先週も関西の頃からお世話になっているM本さんと
初めてご飯に行き、女子会?づいてる私。
(アラフォーで女子会って言っても逮捕されない?ねえ?)
たくさんのライターさんや編集者の方とお仕事しているものの
直接お会いする機会はなかなかないので
お誘いいただけるのはありがたいもんです。

で、向かったのは本郷三丁目にある
プリフィクスで前菜に「砂肝のサラダ」
メインに「豚肉のロースト」を頼んだのだが…

出てきた量が鬼!!!!


これ…前菜っすよねぇ…。
というかその前にサラダなのか!!?
ほぼ砂肝しか見えないのですが!!

でもとても美味しい。
美味しいけど量が!
けど美味しい、けど量が〜!!!

で、食べ続けるものの
胃の8割が砂肝になったところでギブ!
前菜残すなんて初めてだよう!

この後かぶのスープが出て(これはまぁ普通の量)

メインドーーーーーーン!

↑写真じゃわかりにくいが、1切れが結構な感じでデカイです。


これがまた3人とも同じものをオーダーしてしまい

シェアすることもできず、

各々黙々と格闘(あ、ラップみたい!)


食べる行為に飽きた?私とN木さんは勝負するかのように

骨をキレイにし続けるのでした。


パンがヒジョー!に美味しかったのに

お腹に隙間がなく1個しか食べられなかったのが残念。


大食いの人にはオススメのお店です〜。

| グルメ・料理 | 16:34 | comments(2) | trackbacks(0)
高尚な話をしてみたい。が、できない。
 一週間も更新してませんでした。すみません。
先週土日、こってり遊んだツケがまわって
このざまですよ。とほほ。

なんとか今週のノルマを終わらせて
以前ブログにも書いた(
手作り石けんのお礼に、くみっちさんと
イラストレーターのえのきのこさんと
3人で中野のイタリアン『イルプリモ』へ。

このお店、よしながふみさんの
『愛がなくても喰ってゆけます』の
1話目に出てくるお店でございます。
↑この本に出てくる西荻の『鮨たなか』へも以前行きました。
最初は新宿御苑前のベトナム料理『ミュン』へ行く予定だったのだが
閉店したとのこと(本郷三丁目にはあります)。

読み直して予習をして来るのをすっかり忘れていたのだが
くみっちさんがこの本を持ってきていた。
ほ…本当にどれも美味しかったでございます。

↑魚介のサラダ バジリコ風味
ソースが旨すぎて、バゲットにつけて食べてたら止まらず
危うくお腹がふくれそうになってしまった。

気取らないお店で居心地よかったけど
後ろにずっとウエイターさんが立っていて
ダメな女話を丸聞きされていたであろうことが汚点です。

この本に載ってるお店
全部制覇してみたいな〜。

くみっちさん、ありがとうございます〜!
| グルメ・料理 | 17:01 | comments(3) | trackbacks(0)
土曜はどよう酒場。
お世話になっているフリー編集者の山田さん。
「美味しいものを作って、もてなすのが好き」
がこうじて、ついにお店を始められた。
故郷の伊豆下田の食材にこだわった
土曜だけにオープンする『どよう酒場』
今月「ソロモン流」で紹介されると聞き
「混む前に行かなくてはーー!!!」と
あわてて予約をしたのでございます。

子連れOKということで(ありがたい)
家族で行ってまいりました。

ボキャブラリーが貧しくて本当に申し訳ないのですが
どれもとても美味しいのです!
濃い味で美味しいと感じさせるのは簡単だと思うのですが
山田さんの料理は、やさし〜い味できちんと美味しい。
本当に料理が上手い人しかできぬ技!
しかも独創性があって、次に出てくるお料理が楽しみに。
(コースをお願いしたのです)

左)長ひじきのペペロンチーノ 右)レンコンと里芋のグラタン
(料理名うろ覚えです。すみません)

お店入り口とサンクトガーレン

日本の地ビール第1号「サンクトガーレン」が飲めるのも
ビール好きにはたまらんでしょう。

お店には1番のりだったのに
あれよあれよと30分ほどで満席になり
とても忙しそうな山田さん。
お料理や魚、お酒のことなど
ゆっくりお話できなかったのが残念でした…。
でも大繁盛なのは何より。

土曜だけと言わず、もっと開いてほしいけど
二足のわらじでは無理な話か〜!

| グルメ・料理 | 07:10 | comments(2) | trackbacks(0)
ソース文化圏育ち。
吉祥寺に前から気になるカツサンド屋さんがあったので
息子を迎えに行く前に寄ってみた。
店のおじさんが熱心に話してくれるに
このお店はソース会社が経営しているとのこと。
ソースの美味しさをアピールするために
カツサンド屋さんをやっているらしい。
もちろん、店内にはいろんなソースがずらり。

東京来て悲しいのはスーパーに置いてあるソースの種類が少ないこと。
だいたい『ブルドックソース』しかない。
(ちなみにダンナが東京来た15年前、お好みソースは売ってなかったそうな)

なので嬉しくなり、そのことをおじさんに伝えると
「関西はカレーにもソースかけますもんね」って…
え!?こっちの人、かけないのか!?と驚く。


ソース会社は東村山にあるそうで
『東村山ソース』なる商品があり、ネーミングにつられて
思わず買ってしまった(あぁ、ドリフ世代)。
これが『八王子ソース』なら買ってなかったかも。
(八王子の方すみません。別に他意はありませんので…)

ソースは無添加で、とってもおいしかった!!
また買いに行こーっと!!

★関係ないけど東京は味海苔も1種類くらいしか置いてないのだよ。
| グルメ・料理 | 13:30 | comments(7) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE